コメント

しまだ設計室の島田です。

今月のテーマは屋根ということですが、
私も徳田さん同様、設計した家は大屋根が多いです。
ただプランによっては、
小さな屋根をリズミカルにかけてあげるのも
楽しいかと思います。

 

この模型はHugハウスというお家です。
娘さんがいる3人家族のための家です。
小さな屋根、中ぐらいの屋根、大きな屋根が
ちょうど娘さん、お母さん、お父さんのようにも見えます。

実物はこのような感じです。
見る角度によって表情も多彩です!

キッチン小さな工夫

コメント

しまだ設計室の島田です。

私からはキッチンの小さな工夫を紹介します。

相羽建設営業部の遠藤さんのお家を設計した時のこと
奥様から「キッチンカウンターに洗い物を置いたときに
ダイニングから見えないような工夫はできますか?」
とのご要望がありました。

あれこれ考えた結果、
辿り着いたかたちが・・・

スチールで衝立をつくりました。
制作はOZA METALSTUDIOの小沢さん。
スチールに錆塗装を施して、存在感のある仕上がりにしてもらいました。

使い方はスケッチのようなかたちです。

シンク側に洗い物を上げて、
ダイニング側には花など飾るスペースを確保しています。
手前側は配膳スペースとして使えるようにしています。

ダイニングから見ると
手元が隠れていますね。

そしてご夫婦も素敵に見えます!

もちろん、衝立がなくても素敵ですが(笑)。

そんな窓辺が・・・

コメント

思わず腰掛けたくなるような・・・
そんな窓辺がつくれるといいなと
思ってます。

 

Hidamariハウス


だんの間ハウス


うつろいハウス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

domadeハウス

コメント

 

しまだ設計室の島田です。

日本女子パシュート
金メダルとりましたね!
これまでパシュートについてほとんど知りませんでしたが
チーム内での連携や、勝ち進んでいく中での相手との駆け引きが
勝敗を大きく左右するところがおもしろく、
釘付けになってしまいました。

今回のブログでは、現在相羽建設さんと進めている
domadeハウスの現場を紹介したいと思います。

domadeハウスは、玄関や屋外ポーチとつながる土間スペースと
薪ストーブが魅力のお家です。

現場では階段もできあがってきて、
空間を移動した時の感じも
確認できるようになってきました。

階段の左側はスキップフロアの様になっていて
上部の中2階部分が畳スペース
下部が少しこもった感じのスタディスペースになります。
畳スペースと1階のダイニングスペースの床の高低差は1.6mで
この距離感が楽しくなりそうです!

そしてさらに畳ルームには
建て主さん希望のこんなものがあります。

この高い天井の畳ルームに設けられたたくさんの穴。
いったいこれは・・・?

近くで見るとこんな感じです。

実はこの穴、クライミングウォール用の
クライミングフォールドという手掛かり足掛かりになるものを設置する
ボルト受けの部材です。

 


安全用のロープを設置する
金物も設置しています。
クライミングウォールを設計するのははじめてなので、
建て主さんや監督と相談しながら検討を進めました。

5月末の完成まではまだ時間がありますが、
かなり楽しいお家になりそうです!

「ねこ」のようなぬくもり・・・。

コメント

しまだ設計室の島田です。
寒い日が続きますね。

我が家の「あたたかい」を紹介します。


ずばり「湯たんぽ」。
この季節使っている方も多いと思いますが、
我が家も家族の人数分、マイ湯たんぽがあります。

通常はプラスチック製のものや金属製のものが多いかと思いますが、
私が使っている湯たんぽは、写真右側のちょっと変わったものです。

表面はブランケットの生地になっています。


お湯を注ぐところは、
このように樹脂製になっていて、
柔らかい感触です。
暖かさもプラスチック製のものに比べると
優しめで、その感触と暖かさから
我が家ではこの湯たんぽを「ねこ」と呼んでいます(笑)。

ノルウェーのブランケットメーカー
ROROSの製品で手触りもとてもいいです。
価格は高め・・・ですが、寒い夜には身も心も?!暖めてくれます。

私は誕生日プレゼントと称して
買ってしまいました!

年末年始のルーティン

コメント

新年あけましておめでとうございます。

2018年 平成30年がはじまりましたね。

しまだ設計室も今日1月5日から仕事はじめです。

今年も精一杯がんばりたいと思います!

みなさま年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか。
私はここ何年かは、
ほぼルーティンな過ごし方を楽しんでいます。

まず年末。
・相羽建設さんの餅つき大会に参加する。
・落語「芝浜」のCDを聴き、年末気分に浸る。
・年賀状を書く。
・妻の実家に行って家族でゆっくり。渡良瀬川を走り納め。

渡良瀬川の堤防はこんな感じで
とにかく空が広くて気持ちいいです。
走りながら1年を振り返ってます。

年始
・私の故郷大阪へ帰ってのんびり。
・箱根駅伝をテレビ観戦。
・ランナーたちに刺激され、生まれ育った懐かしいところをめぐりながら
ランニング。

こんな感じで年末年始を過ごして
1年のスタートに備えています。

本年もどうぞよろしくお願いします!

炎のある暮らし

コメント

先日の日曜日はあいらぼ企画のイベント
カヅノキハウスで「炎のある暮らし」を開催しました。
「炎のある暮らし」はこれまでで4回目の開催になります。

実際にペレットストーブの炎を感じていただきながら
ストーブの仕組みや操作方法、メンテナンス、
燃料の木質ペレットの製造方法やコスト、
薪ストーブとの比較やストーブの配置計画について
お話ししました。

午前の会は3組で大人の方4人
午後の会は6組で大人の方12人
子どもの方6人(赤ちゃんも含みます(笑))
に参加いただきました。

午前の会はゆったりとした時間の中
ストーブの炎を感じていただき
午後の会はにぎやかななか、
どんどん質問もいただきました。

ストーブだけではなく
建物もじっくり見ていただきました。
造りつけの木製建具や仕上げ材などに
興味をもたれる方が多い印象でした。

ペレットストーブは我が家でも9年使っていますが
暖かくて本当にお勧めですよ!

(写真撮影 あいらぼ 市川さん)

アプローチあれこれ

コメント

市川さんの作品カッコいいですね!
私はアーティストではないので・・・
アプローチを設計するときに気にかけていることを
紹介します。

その1:小さなスペースにこそクランクを

小さなスペースでも、
最短距離で玄関までつなぐのではなく、
アプローチをクランクさせることで
良い雰囲気が生まれます。

その2:視線の先に植栽を

視線の正面に樹木を植えると
緑や花が目に飛び込んでくるので効果的です。
そして玄関正面の植栽は、
玄関丸見え状態を緩和してくれます。

そして部屋内からは、扉を開けると・・・

こんな素敵なことになります!

その3:アプローチ動線に庇を

 

雨や日差しを遮ってくれる庇が
アプローチにかかっているととても便利。
それと庇があることで建物の佇まいも
優しくなります。

最後に現在工事中の
うつろいハウスのアプローチ

ワイルドグリーン高瀬さんがつくっています。
樹木の間を通り抜けるように
枕木を曲線状に並べているので
歩くと景色の変化が大きくなります。

そんな「うつろいハウス」の
見楽会を12月9日(土)10日(日)に開催します。
お申し込みは相羽建設さんホームページより
お願いします!

https://aibaeco.co.jp/event/info/detail_3939.html

左官壁 光と影に 見惚れます。

コメント

相羽建設さんと小金井市で進めてきた
うつろいハウスの現場です。
完成が近づき最終コーナーにさしかかってきました。

薩摩中霧島壁の左官仕上げです。

建て主さんご夫婦と職人さんで
細かく仕上げの風合いを確認しています。

ボードの上にどんどん材量を塗りつけていく職人さん・・・

左官仕上げがすすむのと同時に
室内にきれいな光のグラデーションがあらわれてきます。

本当に空間が生まれ変わる感じ。

猫君たちも、気に入ってくれるかな?

12月9日(土)10日(日)に
建て主さんのご厚意により
見学会を開催させていただくことになりました。

詳細は後日お知らせします。

相羽建設のホームページ
または相羽建設発行の「ainoha」
でも後日情報掲載を予定しています!

年季の入った食卓

コメント

テーマが食卓ということで
我が家、カヅノキハウスの食卓をご紹介します。

結婚当初、下北沢にあったヒッカドゥアという
インドネシア家具を扱うお店で購入したダイニングテーブルです。

かれこれ20年近く使っています。
もともとアンティークな材料で組み上げられたテーブルのようで
よく見てみると・・・

こんなツギハギ部分もあります。
何度かお店にメンテナンスもしてもらって使い続けていますが
先日ホームページを検索したところ見当たらなかったため
閉店してしまったのかもしれません。
少し残念ですが、いろいろと家族の思い出や
これまでの建て主さんと打ち合わせを重ねてきたテーブルでもありますので、
大切に使っていきたいと考えています。

それともう一点。
我が家にはもう一つの食卓があります。

卓袱台です。
その時の気分で、テーブルで食事をしたり
卓袱台を囲んだりと使い分けています。
卓袱台のいいところは、
床に直接座るので、リラックス感が最高です。
それと丸い形に家族が並ぶので、
距離感が近くなる気がします。

日曜の夜は卓袱台で食事の後、
トランプ大会・・・がうちの定番です(笑)。

ちなみにこの卓袱台もアンティークで
世田谷区北沢にある山本商店で購入しました。

http://www.antique-yamamoto.co.jp/

このお店所狭しとアンティーク家具が置いています。
実用的な家具類がほとんどで、
修理もしてくれますし、
価格もリーズナブルなのでおすすめですよ。