過酷な夏の現場

コメント

こんにちは、にしお設計室の西尾です。
いつまでこの暑さは続くのでしょうか、、、
この暑さは、建設現場でも大変過酷です。

私たちと違って、職人さんはかなり暑さに対し「耐性」があり、体調管理も常に気を使っていらっしゃいますが、影のない場所での作業本当に大変です。

現場で、職人さんがこんな便利な涼風ジャケットを着ていました。
大変人気で、売り切れ状態だそうです(笑)

涼しそう~

キッチンカウンターから抜ける視線

コメント

こんにちは、にしお設計室の西尾です。

キッチンは、意外と一日の中で長く居る場所だなぁと日々自分の生活でも感じています。
そんな場所なのに、視線を移す場がずっと壁と言うのはちょっと気分が滅入ってしまいますよね。
と言った点で、アイランド型のキッチンが世の主流ではありますがその先にやはり視線の抜ける窓があるとずっと開放的な気持ちになるのではないかと思います。

どこを向いて、台所仕事をするのか・・・

キッチンの窓
窓の下枠は、人工大理石にして 濡れたものが置かれても良いように。
「あら、今日もお隣のにゃんこがうちの物干し場に遊びに来てる!」とか(笑)
「今年も、ヤマボウシの花が咲き始めたな・・・」とか。

このキッチンは、壁に向いて配置されその前には開放的な窓があります。
ダイニングに全く背中を向けるのではないので、ダイニングの家族とも程よくコミュニケーションでき、奥まっているのでキッチンカウンターの乱雑な部分も見えにくくなっています。

キッチンカウンターに対し垂直にカウンターがあり、裏が食器棚、壁が抜けているところに、カトラリーのバスケットを置いて食器棚側からしまい、ダイニングから取り出せるようになっています。

奥の壁収納には、中心に冷蔵庫、向かって左が電話や暮らしに必要なものを収納し、向かって右は、台所家電と鍋類をしまう引きだしがあります。

両サイドの開口の先は、家事室になっていて、物干し場にもつながっています。 左手入口は、浴室、洗面、トイレです。
共働きのご夫婦なので、ぎゅっと水回りをまとめました。

平間さんのお庭へ、イベントのお知らせ

コメント

こんにちは、にしお設計室の西尾です。
昨年の秋、お庭づくりをお手伝いさせていただいた 平間さんのアトリエ、先日お庭のお手入れに行ってまいりました。
ちょうど、フジの花が真っ盛りでした。
早春の小さな可愛い雑草も大きくなったり、茶色く枯れこんだりしていたものを丁寧に取り除きました。
Before / After 秋に植えた植物たちと共に、雑草たちも伸びてスペースを占拠していましたし、種を作って子孫を残す準備もしていましたので、これでさらに植えた植物がのびのびと生長できる準備ができました。
1つ、1つの植物の顔が、よーく見えます。

そんなお手入れのお話や緑のある暮らしの幸せな思いをお伝えするイベントを開催いたします。
2014年から…今年で5回目の開催となります。
先細りすることもなく、毎年 新しいお客さま、リピーターの方においでいただいております。
ゴールデンウイーク後の最初の日曜日です。ご都合をつけて ぜひいらしてください。

※ お申込・お問合せは、相羽建設㈱
0120-145-333
mail@aibaeco.co.jp
*イベント情報は、HPでもご覧いただけます
http://aibaeco.co.jp/event/

窓から眺める風景をデザインする。

コメント

こんにちは。 にしお設計室の西尾です。
今週、マンションの1階にお住いのお宅の庭工事が完了しました。
夕方までかかってしまい、完成写真は後日となってしまいましたが。
マンションと言う、限られた間口から眺める風景をどう見せるかと言う提案に、撮影した画像の上にトレペをのせてスケッチと言う方法でイメージをお伝えしました。


こんな風に、植物が生長した風景は、もう少し先となりますでしょうか?

春の恵み

コメント

こんにちは。 にしお設計室 西尾です。

テーマが「春」ということですが、前回春の花の様子を投稿してしまったので、 今回は「春の恵み」を。。。

今年も 庭のふきのとうが、顔を出していました。
いつもチャンスを逃して すぐ花が咲いてしまうので、すかさず摘んで・・・

天ぷらにしました。
この苦み、春の味ですね。

いよいよ春の花、開幕

コメント

にしお設計室の西尾です。

今シーズンの冬は、本当に寒い寒い日が続いたせいか、春の芽吹きがひとしお嬉しく感じます。
今週はもう、3月を迎えるのですよね。

枯葉で埋まっているわが庭でもむくむくと球根の芽や宿根草の新芽が落ち葉を持ち上げています。 動き出した春の花を何枚か。

風雨にさらされて、ガタガタになってしまった巣箱をリニューアルしました。
今年も野鳥の子育てが見られるといいですね。

あたたかいもの…といったら

コメント

こんにちは、にしお設計室の西尾です。
あたたかいもの…といったら、やはり「鍋」でしょうか?
今日は、外出していて あれこれ用事を片付けていたら、帰ってくるのが遅くなりました、そんな折にも ある野菜でお鍋なら あまり時間を掛けずに準備ができます。

今夜のお鍋はこんな感じ、あさりの魚貝と鶏肉、鶏だんごの具材を かなり薄味の市販の白だしで味を決めています(笑)

もちろん、その美味しいお出汁を無駄にすることなく雑炊で〆です。
鍋をしたので、今夜は 暖かいこともあり アラジンの石油ストーブはお休みです。
使用し始めて、5シーズン目 かなり気に入って使っています。
今シーズンは、冷え込んだ日が多いので 使用頻度が高いです。

それでも春は近づいている…

コメント

こんにちは、にしお設計室 西尾です。
寒いですね~~

22日の降雪のあとに、記録的な寒い朝を迎えた 本日・・・
こちらは、今朝7時に 最低気温 -6.3℃を記録しました! ブルブル…

降雪の翌日23日の朝・・・我が家の庭の様子です。
ベランダの手すりをメジャーで測ったら、30㎝もありました。

・・・と、「寒い」ばかり言っていても仕方がないのでちょっと 明るい話をしましょう。

図  方位別の終日日射量 東京 北緯35°
1.()水平面 2.()南 壁面 3.南東 壁面、南西 壁面 4.東 壁面、西 壁面 5.北東 壁面、北西 壁面 6.北 壁面

建築の環境工学なんてのをちょっとかじった人には、見慣れたグラフなのですが…
これは方位別の終日(日の出から日の入り)日射量(日あたり)をあらわしています。
赤色が地面(水平)に落ちる日射量・・・
冬至(12月22日)から1ヶ月とちょっと経った今、たての水色の破線あたりです。 最近、ずいぶん太陽が明るくなった気がしませんか?
最近までは、大して冬至の日射量と変化していませんでしたが、これから春分の日をはさんで、ぐーーんと倍に増えていますでしょう?
それと緑色のラインは南の鉛直面(壁面)に当たる日射量・・・
太陽が低いので冬至から春分にかけて日差しが家の中に入ってくる時期ですが、2月はさらに多くなっていますよね。太陽を背にリビングに座っていると背中が熱いくらいです。

というわけで・・・
もっとも寒い時期を迎えておりますが、少し気分が明るくなりましたでしょうか?
とはいえ・・・雪の多い日本海などの地方の皆さまには、まだまだ長い冬ですね。。。

今年の年賀状

コメント

にしお設計室 西尾です、今年もよろしくお願いいたします。


今年は戌年ですね。
いつもは、1年間 撮り貯めた画像の中から 四苦八苦しながら選んで 年賀状を作るのですが…
植物を描いて観察したいなぁという思いから、昨年ぐらいから水彩画をちょこっとやりだしたこともあり (って、本当にまだ数枚描いたというだけ、、、)3年前まで一緒に暮らしていた犬、 ハチの写真を見ながら描いてみました。
今年は、もう少し真剣に、水彩画をやろうとおもっています。(年始の宣言!)


多摩湖(村山貯水池)の堤防から見える 富士山 年始に散歩しました。

素敵な一年となりますように・・・

思いは もう春…?

コメント

こんにちは、にしお設計室 西尾です。
今日はクリスマスだったりしますが…
22日冬至を過ぎると、秋に施工したお庭や自分の庭を眺めながらもう心は春へと飛んでゆきます。
これからは、どんどん日差しが明るくなってゆくばかり。。。
いやいや…これからが冬本番なんですけど(笑)

以前、10月の中旬に行われた 植栽工事の様子 をブログにアップしましたが、その後11月初めに 下草の植込みをしました、その様子をアップしそびれていました。


植えた直後の様子ではありますが、植物が入るとぐっと風景が一変します。
以前、ネットフェンスにラティスをくくりつけていましたが、お施主さんとともに板に針金を通して 板塀にDIYしました。


植込みは、お施主さんとともに行いました。
板塀もそうですが一緒に施工に関わってもらうことで、お庭への親しみとつきあい方を感じてほしいと思っています。
花壇に奥行きがあり手の届かない部分には、メンテナンスをしやすいように防草シートで道を作っています。
土の上を歩くとせっかく耕した土が固くなり、植物が根を伸ばすのに影響するからです。


お隣の家の陰になってしまう日陰のエリア。
ジューンベリーがまだ色づいていました。


お施主さんのお庭の特徴に合わせて 必要に応じ「☆☆さん お庭ノート」というのをお渡ししています。
先日「冬のお手入れ」について、Vol.3を作りました。
そんなものに目を通していただきながら、激変する春を楽しみにお待ちいただきたいと思っています。

では、また来年もどうぞよろしくお願いいたします。