今月のお題は「食卓」

コメント

こんにちは。あいらぼブログ係の徳田英和設計事務所 徳田です。

 

あいらぼブログでは、9月にリニューアルしてから、月の前半はテーマに沿ったことを投稿、後半は自由なことを投稿していくことになりました。

 

今月のお題は「食卓」(「食」も可)

 

メンバーのみなさん、よろしくお願いいたします。

 

 

食卓というと、前回の私の投稿でコッコテーブルを紹介したばかりですが、別の家の食卓を紹介します。

 

写真は昨年竣工した茨木の家。こちらの食卓は京都の宇納家具工房のハンコックテーブルです。

 

宇納さんは、19世紀にアメリカで作られていたシェーカー家具の影響を受け、現代でも作り続けている家具作家です。

 

茨木の家の設計に取り掛かるときに、クライアントからおすすめのテーブルと椅子はありますか?と聞かれてこのテーブルを選びました。そして、このテーブルに似合う椅子として、ボーエ・モーエンセンのJ39シェーカーチェアを組み合わせました。

 

アメリカのシェーカーデザインの影響を受けているけれど、テーブルは日本製、椅子はデンマーク製というところが私的には気に入っています。

 

家を建てるときの予算配分で、建物本体の割合が大きくなってしまって、最後に家具や植栽の予算が圧迫されてしまうことがありがちなのですが、私は建物だけよくてもダメだと思っています。建物と家具と植栽のそれぞれがよくて、初めていい家になります。

 

茨木の家では、設計の早い段階でテーブルと椅子を決めて、建物の着工前に購入されました。オーダーメイドの家具は納期が何ヶ月も掛かるものもあるので、工事契約するタイミングで家具を発注するくらいで丁度いいように思います。

 

宇納家具工房

〒601-0542 京都市右京区京北田貫町室次谷10-4

Tel : (075) 854-0231

https://www.unoh.jp/

 

 

 

 

 

徳田英和
hidekazu.tokuda@gmail.com
徳田英和設計事務所
171-0031東京都豊島区目白3-8-6吉村ギャラリー2F
TEL 03-3954-6161
toku’s LIFE GOES ON

 

読んで楽しい家づくりの なるほどディテール。(島田貴史・徳田英和共著 オーム社)発売中!!

コッコチェア & コッコテーブル

コメント

徳田英和設計事務所・徳田です。こんにちは。

 

6月に完成引渡ししたHAYAMA HUTに先日行ってきました。

まだ外構工事をおこなっていなかったり、隣で工事が始まったりで、ちゃんと写真を撮影してここで紹介できるのはもう少し先になりそうです。

 

 

この家のダイニングに奥村先生デザインのコッコチェアとコッコテーブルが入りました。

私がこれまで設計した家に奥村先生デザインの家具が入るのは実は今回が初めてです。

奥村先生の事務所に間借りしていた2年ほどの間、毎日先生がデザインされたハンペンチェアやVパッチチェアなどを取っ替え引っ替えしながら座って仕事していましたが、私が一番座り心地がいいと感じていたのがこのコッコチェアでした。

コッコチェアは奥村先生がデザインされた初めての椅子で、栂材、つまり針葉樹で作られています。栂材はやわらかくて傷つきやすいですが、それもだんだん味になってゆくでしょう。HAYAMA HUTでは、床材にサワラ材を使用しましたが、両者の柔らかい表情がとても似合っていました。

 

コッコチェア・コッコテーブルは、KAJART(カイアール)で製作・販売しています。

KAJART quiet & Okumura Design

長野県木曽郡木曽町三岳6317

TEL 0264-46-1111

 

 

徳田英和
hidekazu.tokuda@gmail.com
徳田英和設計事務所
171-0031東京都豊島区目白3-8-6吉村ギャラリー2F
TEL 03-3954-6161
toku’s LIFE GOES ON

 

読んで楽しい家づくりの なるほどディテール。(島田貴史・徳田英和共著 オーム社)発売中!!

折り紙建築たねあかし

コメント2

徳田英和設計事務所・徳田です。こんにちは。

 

3年前の「折り紙建築」の投稿に質問のコメントをいただきましたので、あらためて写真付きで解説したいと思います。

この渡り廊下部分の構造がどうなっているかということですが、縁を切ることなく山折りと谷折りのみで成立しています。

開いて倒すとこんな形状です。

安藤忠雄さんは、この渡り廊下部分のことをコロネード(列柱廊)と呼んでいたと思います。

横から見るとわかりやすいでしょうか。

畳むと、ちょうど封筒に入るサイズになっています。

左と真ん中が試作品で、右が完成品。

作ったのは学生の頃、四半世紀前のことで記憶があいまいですが、完成品に至るまでに10個くらい作ったと思います。

 

ちょうど今、国立新美術館で安藤さんの展示が開催中ですね。まだ私は行けていませんが、近々見に行ってこようと思います。

安藤忠雄展-挑戦- 国立新美術館開館10周年

 

 

徳田英和
hidekazu.tokuda@gmail.com
徳田英和設計事務所
171-0031東京都豊島区目白3-8-6吉村ギャラリー2F
TEL 03-3954-6161
toku’s LIFE GOES ON

 

読んで楽しい家づくりの なるほどディテール。(島田貴史・徳田英和共著 オーム社)発売中!!

富水の家リノベーション

コメント

徳田英和設計事務所 徳田です。

先月後半に投稿できなかったので連続投稿です。

今回は、昨年末に完成した「富水の家リノベーション」を安川千秋さんに撮っていただいた写真が届きましたのでご紹介したいと思います。

 

写真:安川千秋

築33年、延べ床面積36坪の木造住宅をローコストでリノベーションしました。
外装は、屋根と窓には手を入れず、外壁塗り替えと、窓の一部にインナーサッシュを追加。

 

玄関ポーチは雨どいをタニタ・スタンダードとクサリ樋のensuiを使用している。

玄関扉はいつもの米松縁甲板張り。レバーハンドル、丁番は堀商店。

1階内装は水回りを含めて全面改装。床は電気式床暖房を設置し、床材はナラ複合フローリングを使用。壁は厚塗りのしっくい塗り。天井はいつものラワンベニヤ目透貼。

1階のリビングは、南側隣家が間近にせまり庭がないので、窓から少し引いたところにあえて壁をつくって開口をあけ、インナーテラスを設けました。

 
 

インナーテラスの仕上げは外装と同じ表現にすることで、あたかも庭があるように近隣とのほどよい距離感をつくり、リビングに落ち着きをもたらすことを期待しました。

 

キッチンは造作家具によるオーダーメイドのキッチン。奥はパントリー。

 

洗面所は床はクッションフロア張り、壁はビニールクロス張り、天井はラワンベニヤ目透貼。

お風呂はユニットバスであるが、照明はユニットバス付属のものは使用せず、いつもの器具をいつもの高さに設置することで、私のデザインに馴染ませている。

 

所在地:神奈川県小田原市
構造・規模:木造 2階建
竣工年月:2016年12月
敷地面積:157.43m2(47.62坪)
建築面積:61.27m2(18.53坪)
延床面積:120.89m2(36.57坪)

設計:徳田英和設計事務所
施工:デライトフル

 

 

改修前の写真:徳田英和

 
 
 

 

 

 

徳田英和
hidekazu.tokuda@gmail.com
徳田英和設計事務所
171-0031東京都豊島区目白3-8-6吉村ギャラリー2F
TEL 03-3954-6161
toku’s LIFE GOES ON

 

読んで楽しい家づくりの なるほどディテール。(島田貴史・徳田英和共著 オーム社)発売中!!

建築散歩

コメント

こんにちは、徳田英和設計事務所 徳田です。

 

今月のブログのお題は「趣味」ということですが、私は特に趣味がなくて何を書いたらいいのか困ってしまいますね。

あえて言うなら建築が趣味で、趣味を仕事にしているという感じでしょうか…。

 

先回の記事では出張のついでに「たねや」を見学した話を書きましたが、もっぱら出かけていった先々で、周辺の建築を見に行く「建築散歩」が趣味と言えなくもありません。

 

先日は茨城県笠間市に出張した際に、伊東豊雄さん設計の「笠間の家」に立ち寄ってきました。

伊東豊雄さんは、建築界のノーベル賞といわれるプリツカー賞も受賞された世界的な建築家です。私も学生時代に大きな影響を受けました。

 

「笠間の家」は伊東豊雄さんの若い頃の作品です。もともと陶芸家の個人住宅でしたが、現在はカフェ兼ギャラリーになっていてだれでも見学することができます。

http://www.city.kasama.lg.jp/page/page005149.html

 

 

 

 

 

 

 

 

徳田英和
hidekazu.tokuda@gmail.com
徳田英和設計事務所
171-0031東京都豊島区目白3-8-6吉村ギャラリー2F
TEL 03-3954-6161
toku’s LIFE GOES ON

 

読んで楽しい家づくりの なるほどディテール。(島田貴史・徳田英和共著 オーム社)発売中!!

 

近江八幡出張

コメント

こんにちは、徳田英和設計事務所 徳田です。

 

私の「この夏の思い出」は旅行ではないのですが、出張で近江八幡へ二度訪問したことです。現在近江八幡にお住まいで関東に家を新築されるクライアント宅にうかがって、設計の打合せをしてきました。

 

 

せっかくなので少しだけ観光。美しい水郷を散歩。

 

 

 

最近話題のラ・コリーナ近江八幡は藤森照信氏の設計。和菓子の「たねや」と洋菓子の「クラブハリエ」のショップです。

 

 

 

ラ・コリーナ近江八幡内部。観光客でいっぱい。

妻がこちらのどらやきが大好きでお土産に買って帰りました。

 

 

 

二度目の訪問では近江ちゃんぽんを堪能。

こちらもまた食べたくなる味でした!

 

 

徳田英和
hidekazu.tokuda@gmail.com
徳田英和設計事務所
171-0031東京都豊島区目白3-8-6吉村ギャラリー2F
TEL 03-3954-6161
toku’s LIFE GOES ON

 

読んで楽しい家づくりの なるほどディテール。(島田貴史・徳田英和共著 オーム社)発売中!!

手しごとフェスタ2017「思い出の道具」 ★ 木の表札

コメント

あいらボブログがリニューアルしました。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

早速ですが、イベントの告知です!

相羽建設の人気イベント『手しごとフェスタ』に今年はあいらぼメンバーが参加します。

手しごとフェスタ2017「思い出の道具」
日付 7月30日(日)
時間 9:30-17:00
会場 相羽ワークス…東京都東村山市青葉町1-25-14 >案内図
*入場無料 / 駐車場あり / 雨天決行

※7月15日(土)10:00より受付スタート!
※事前申込は電話予約のみの受付となります。(混乱を避けるため、お問合せフォームやメールでのお申し込みはお受けしておりませんので予めご了承ください)
★お申し込みはこちら 0120-145-333(フリーダイヤル)

 

 

我々あいらぼメンバーは木の表札を担当します。

★ 木の表札
【開始時間】
10:00-12:00(事前予約8名)
13:00-15:00(事前予約8名)
15:00-17:00(事前予約8名)
*参加費:1,500円(彫刻刀セット込み。彫刻刀はお持ち帰りいただけます)
※対象年齢:中学生以上

木の表札以外にも、以下の木の手しごとワークショップがあります。

★ 木のこども椅子(小泉誠さんデザイン「大工の手」)

★ 木の学童椅子(小泉誠さんデザイン「大工の手」)

★ 木の時計

★ 木のドリップスタンド

★ 木の小物(木のアクセサリー、木のバードコール、木のカスタネット)

【注意事項】
*お申込は、7月15日(土)10:00から開始となります。
*今回は電話のみの受付とさせていただきます。(お問合せフォームやメールでの申込は時間差が生じるため、受け付けません)
*ご予約は1家族につき1つでお願いします。(当日受付の「木の小物」は他のワークショップ予約した方も参加OK)

金物屋さんの包丁研ぎやフード&ドリンクなど手しごとショップの出店もあります。
詳細は公式ページ https://aibaeco.co.jp/event/info/detail_2652.html をご覧ください。

毎年キャンセル待ちが出るほどの人気イベントですので、参加希望の方は早めの申し込みをおすすめいたします。

徳田英和
hidekazu.tokuda@gmail.com
徳田英和設計事務所
171-0031東京都豊島区目白3-8-6吉村ギャラリー2F
TEL 03-3954-6161

読んで楽しい家づくりの なるほどディテール。(オーム社)発売中!!

 

明けましておめでとうございます!!

コメント

明けましておめでとうございます。
徳田英和設計事務所・徳田です。

昨年はこれまでで一番短く感じた一年だったような気がします。
簡単に振り返ると、

1月は、自宅「8寸屋根の家」にて、あいらぼのイベント「素敵なキッチンおいしい暮らし」を開催。
2月は、《そよ風》セミナーin名古屋 2016にて、「稲口町の家1&2」の見学会と講演をしました。
5月には、大阪で竣工した「茨木の家」見学会を開催。
8月には、「8寸屋根の家」が掲載された、《そよ風》が好き。 ソーラーシステム《そよ風》のある自然に寄り添う10の暮らし(新建新聞社)が発売。
11月には、あいらぼの仲間の島田さんとの共著で読んで楽しい家づくりの なるほどディテール。(オーム社)が発売。
それから、ブログには書きそびれましたが、「和らぎの家(稲口町の家1&2)」にてパッシブデザインコンペ 2016特別賞を受賞しました。
12月には、 銀座のタチカワブラインドのギャラリーで「建築家が選んだ建築家展9 生活のデザイン」を開催。

と、これまでになく対外的に発信できた一年でした。
反面、ブログの更新が少なくなってしまったので、今年はもっと更新できるようがんばりたいと思います。

このパースは、小田原で年末に竣工した富水の家リノベーションです。
築33年一戸建てのローコストの改修プロジェクトでした。
ご希望どおり、昨年末になんとか無事お引き渡し。少し落ち着いたら、竣工写真を撮影する予定ですので、いずれブログでも紹介したいと思っています。

今年の展望としてはずばり「今までどおり!」。
本を出しても、銀座で建築展をやっても、設計料を上げたりしませんので。笑。
ローコストでも狭小敷地でも、今までどおり、真摯に取り組んでいきます。

新築・リフォーム問わずお気軽にメール(hidekazu.tokuda@gmail.com)でご相談ください。

今年もよろしくお願いいたします。

徳田英和
hidekazu.tokuda@gmail.com
徳田英和設計事務所
171-0031東京都豊島区目白3-8-6吉村ギャラリー2F
TEL 03-3954-6161
toku’s LIFE GOES ON

建築家が選んだ建築家展9「生活のデザイン」がはじまりました!

コメント

こんにちは、徳田英和設計事務所・徳田です。

以前告知しました建築家が選んだ建築家展9「生活のデザイン」タチカワ銀座スペースÅ t t e(オッテ)にてはじまりました!

私の在廊日は10(土)、11(日)、17(土)、18(日)です。

10日18:00からオープニングパーティーを予定しております。申込は不要で、どなたでも参加できますのでぜひお立ち寄りください。

今回私の展示は今年5月に竣工した「茨木の家」です。
24坪の小さな家ですが、スキップフロアになっており、中2階にリビングダイニングがあります。
大きなデッキテラスや、屋上に物見台を付けて、ウチとソトをつなぐ楽しい家になりました。

図面や模型の展示の他、住まい手さんに撮っていただいた日々の生活の写真も展示しています。

期間は18日まで(月曜休)。ご来場をお待ちしております。

徳田英和
hidekazu.tokuda@gmail.com
徳田英和設計事務所
171-0031東京都豊島区目白3-8-6吉村ギャラリー2F
TEL 03-3954-6161
toku’s LIFE GOES ON

12/7(水)〜18(日) 建築家が選んだ建築家展9「生活のデザイン」

コメント

連続投稿ですみません。徳田英和設計事務所・徳田です。

銀座にて展示を行います。ぜひお立ち寄りください。

生活を、商品化した箱に託すこともできますが、
生活と向かい合い、設計者と話し合い丁寧に形にした住宅には、
すがすがしい空気を感じます。楽しい息吹を感じます。

住まいづくりの建築家4人が提案し実現した
住み手の生活の形、生活のデザインを実感してみてください。

同時に8回までの建築家32人の
ダイジェスト版の展示もしています。<AtoA Project>

<出展建築家>(50音順)
池野健(池野健建築設計室)
上野康子(居アーキテクツ一級建築士事務所)
小野澤裕子(小野澤裕子建築設計事務所)
徳田英和(徳田英和設計事務所)

展覧会名:建築家が選んだ建築家展9「生活のデザイン」
 会場:タチカワ銀座スペースÅ t t e(オッテ)
     東京都中央区銀座8-8-15  ←クリックで案内図を表示
 期間:12月7日(水)~12月18日(日)※月休館
 時間:10:00~18:00(最終日~17:00)
 10日(土) パーティ 18時〜20時
入場:無料
主催 A t o A P r o j e c t
協力 立川ブラインド工業株式会社
<AtoA Project>
上野タケシ(上野タケシ建築設計事務所)
来馬輝順 (建築工房 匠屋)
山本覚  (山本覚建築設計事務所)
AtoA Project ブログ http://atoa.at.webry.info/

徳田英和
hidekazu.tokuda@gmail.com
徳田英和設計事務所
171-0031東京都豊島区目白3-8-6吉村ギャラリー2F
TEL 03-3954-6161
toku’s LIFE GOES ON