「素敵なキッチンおいしい暮らし」満員御礼!!

コメント

こんにちは、徳田英和設計事務所・徳田です。
昨日開催された、暮らしの学校体感ツアーその二「素敵なキッチンおいしい暮らし」にご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
8寸屋根の家の見学も、橋垣さんと私のキッチンの話も、とても盛り上がって少々時間オーバーとなってしまいましたが、参加者のみなさまにとって大変有意義な時間になったのではないでしょうか。

コーヒータイムには自家製のココアマーブルパンとチョコチップパンを出させていただきました。
大変好評で、ものすごい勢いで食べてくださったのには少々驚きましたが、作ったかいがありました。
ありがとうございます!

キッチンの見学では質問責めに…。
スタンダードなセミオープンのキッチンですが、いつもより少し大きめのステンレスカウンタートップで機能優先のガンガン使えるキッチンです。
隣接しているパントリーとサービスバルコニーがあるおかげできれいに使えています。

屋上物干し台にて。さんさんと太陽の光が降り注ぐ屋上で、洗濯物がいっぱい干せるように設置しましたが、夏に風呂上がりのビールを一杯やるのにも使っています。笑。
参加者の中には一部計画進行中の方もいらっしゃいましたが、これからどのようなかたちで家づくりを進めていくか検討中の方がほとんどでした。
我々としては建築家との家づくりならではの面白さや細やかさ、建築家それぞれの個性などを知っていただく貴重な機会にできたのではないかと思います。
個別にもたくさん質問と相談を受けましたが、工務店の設計施工の場合と、建築家に設計してもらい工務店に施工してもらう場合の違いがわからない方が多かったように思いました。
工務店の設計施工の場合でもある程度要望を聞いて設計してもらえるわけですが、設計に掛ける時間や手間があまりにも違いすぎます。1年間に数十棟も手掛ける工務店と、数棟しか手掛けていない我々建築家とでは1棟に掛ける情熱や想いも数倍違うわけです。
これまで何軒も設計を手掛けてきて、キッチンに関しては個別の特殊な要望が多く、1軒も同じ設計で済んだという経験がありません。その家1軒1軒にストーリーがあり、想いが託されたものを作ってきています。
それは、決してコスト的に高いものではないのですが、設計に時間と手間を掛けることが必要で、我々建築家との家づくりならではのことと思います。
今後もこういったイベントを継続していって、我々の仕事の価値を知っていただき、共感していただける方を増やしていければと思っています。
それから、このグラフをご覧ください。イベント当日の我が家の温熱環境です。

積雪の心配がありましたが、見事に予報が外れてよい天気となりました。
外気温が低く日射量が多いという空気集熱式ソーラーを体感する1年の中でも一番最適の日だったかもしれません。
外気温[緑線]は最低−0.6℃、最高14.3℃。
集熱温度[赤線]が最高58.4℃。集熱屋根が8寸勾配と角度が急なので冬場の太陽高度が低いときにいっぱい集熱できています。
室温[青線]はイベントで人がいっぱいいたのでちょっと高めで最高22.1℃になりました。娘の用事があり朝5時に起きてガスFFヒーターをつけましたが、日が昇ってからは暖房なしです。
室温が設定温度を超えたためお湯採りが作動し、湯温[黄線]が32.4℃まで上がりました。お湯採りしたあとのダクト温[ピンク線]は最高45.6℃、これは床下のコンクリートに蓄熱しています。
参加者のみなさまからも一同に「暖かい!」と言っていただけて本当によい1日となりました。
あいらぼでは引き続き隔月で暮らしの学校体感ツアーを予定しています。
次回は3月、その三「むずかしい敷地…だからこその暮らし」
詳細が決まりましたらこのブログで告知いたしますので、ぜひご参加ください。
徳田英和
hidekazu.tokuda@gmail.com
徳田英和設計事務所
171-0031東京都豊島区目白3-8-6吉村ギャラリー2F
TEL 03-3954-6161
toku’s LIFE GOES ON

マンションリノベーション

コメント

こんにちは。いろは設計室・橋垣史子です。
今年もよろしくお願い致します。(だいぶ今更ですが・・・)
先日、昨年マンションリノベーションした「荻窪の家」の撮影に伺ってきました。
完成が6月だったので、今回初めて冬の寒い季節に伺ったのですが、断熱を強化したことと既存の窓の内側にもう1枚窓を追加した効果がとても大きく、エアコンで少しあたためただけで十分にあたたかく、床暖房を使わなくても大丈夫な状況でした。
とはいえ床暖房を試してみたかったので、スイッチを入れていただき体感してきました。
やはり足元からじんわりとあたたさが伝わってくるのは本当に快適ですね。
「荻窪の家」はマンションリノベーションなのですが、ムクの床板(杉材)を張っています。
(2重床という方法で工事をすることで、下の階への音の問題はクリアしています。)
あまり乾燥していない床板の場合、冬の乾燥した時期には板と板の間に隙間があいてしまうこともあるのですが、今回拝見したところ全く問題なし。
もう10年以上前から使わせていただいている床板ですが、見た目もきれいで足触りもよく、乾燥もとてもよく、値段もお手頃という本当にいい材料であることをあらためて実感したのでした。
この日の撮影は動画だったのですが、ネコのしまちゃんがいいタイミングでいい動きをしてくれました。今回も大活躍。ありがとう!

「荻窪の家」(2015年完成・マンションリノベーション)
 設計・監理:いろは設計室
 施工:相羽建設
マンションリノベーション専門サイトはこちら
※お知らせ
今週末1月24日(日)に「素敵なキッチン おいしい暮らし」と題してイベントを行います。
詳しくはこちら
午後の会はまだ若干空きがあるようです。お待ちしております!

2016年はハンモック?!

コメント

みなさま、寒中お見舞い申し上げます。
しまだ設計室の島田 新年初めての投稿です。
今年の冬は暖かいですが、
ようやくここ数日冬らしい冷たさですね。
昨年の話になりますが、
お庭のリフォームの計画で、
パーゴラをつくりました。
そこに設置したのがハンモック。



以前にキャンプでハンモックの楽しさを知り、
今回パーゴラに設置してみて、
俄然 我が家にも欲しい・・・と思っていました。
そこでクリスマスプレゼントに悩む次男に
「ハンモックはどう?」ときいてみました。
すると、まんまと・・・いやいや 素直に
「ハンモックか・・・いいね!」となったわけです。
柱に専用のフックをしっかりとりつけ
こんな感じで読書したり、昼寝したり、テレビを見たり、
夜はペレットストーブの炎も楽しめそうです・・・。



普段は片づけておけば、もちろんすっきりしますし、
なかなかいいですよ。
ちなみにこのハンモックは大型で
大人二人、子ども一人がのっても大丈夫です!
2016年はハンモック生活、いかがでしょうか。

明けましておめでとうございます

コメント

明けましておめでとうございます。徳田英和設計事務所・徳田です。
この年末年始はずっと自宅で過ごしました。
新しいプロジェクトの基本設計が進行中で、家族が正月のテレビ番組を楽しむ横で図面描きです。
実家のある名古屋には今月来月と何度か行く予定になっていまして、年末にもブログに書きましたが、「稲口町の家2」の完成に合わせて見学会やセミナーを予定しています。
そのほか、3月頃に大阪・茨木の家が完成予定、新しいプロジェクトも2軒始まります。
よい仕事を残せるよう一軒一軒頑張っていきますので、今年もよろしくお願いいたします。

稲口町の家2内観パース
★★参加者募集中!!★★
暮らしの学校体感ツアー その二
「素敵なキッチンおいしい暮らし」
日時:2016年1月24日(日)
午前の部 10:00−11:30
午後の部 14:00−15:30
各時間定員5組の予約制
詳しくは → こちら
徳田英和
hidekazu.tokuda@gmail.com
徳田英和設計事務所
171-0031東京都豊島区目白3-8-6吉村ギャラリー2F
TEL 03-3954-6161
toku’s LIFE GOES ON