お気に入りの花器

コメント



初めまして、ますきと申します。この度、相羽建設さんのご紹介であいらぼの仲間に入れて頂きました。どうぞ宜しくお願いします。

自己紹介を兼ねて、趣味や暮らしをつづって参りたいと思います。今回はお気に入りの花器を紹介します。

造園家 小林賢二さん作、石のうつわです。
山から切り出した石のかけらをそのまま生かした、素朴なものです。

この花器を置くと、周りの空間に落ち着きが出て、静けさすら感じます。
私の家では、庭先で剪定した草花や小枝をよく生けています。

もうすぐ春、、、こんどは何を生けようかな

しあわせ間取り図鑑

コメント

しまだ設計室の島田です。

「しあわせ間取り図鑑」という本が
エクスナレッジ社から出版されました。

見開き1ページで1軒の家が紹介されています。
まず右ページにその家の見せ場となるような1枚の大きな写真が、
そしてその写真の下に簡潔に解説がつけられています。
左ページには各階のプランに、ポイントの写真と解説が
添えられています。

21人の建築家のお家が59軒紹介されているので、
それぞれの建築家のこだわりや家づくりに対する
向かい方なども比べながら見ることができて面白いです!

しまだ設計室の設計したお家は
だんの間ハウス、空に月ハウス、ミズニワハウス、Hidamariハウスの
4軒が紹介されています。

ご興味の湧いた方は是非手に取ってみて下さい!

灯り

コメント

いろは設計室の橋垣史子です。

以前からずっと行ってみたいと思っていながら行けていなかったお店「CASICA」さんへ行ってきました。

家具や雑貨の販売もあり、食事スペースもあり、ギャラリーもあるのですが、この日はギャラリーでは飛松灯器さんのランプエシェード(ペンダント照明)が展示が行われていました。

やわらかく灯ったランプシェードが、高い天井から様々な高さに吊るされていて、幻想的な不思議な空間でした。美しいです。
(飛松さんの展示は現在は終了しています。)

お店にはアンティークの家具が多いのですが、その中に新しい物も自然に組み合わされていたりして、セレクトも展示の仕方やインテリアもとても素敵でした。

サビ加工の扉に真鍮のドアノブ。入口からもうすでにカッコよかったです。

「青葉町の家」一年点検

コメント

先日、相羽建設で施工していただいた「青葉町の家」の一年点検を行いました。
相羽建設の樋口監督、Wさまと共に、一部屋ずつ建具などをチェックしながら見て回りました。現状では特別問題のない状態でしたが、今後様子を見ていただくところや、日頃のお手入れの話などを確認して、一年点検は終了。
この一年の間に、おもしろいものがいろいろ増えていて楽しまれているご様子、写真を撮らせていただきました。

古い格子戸を設置した入口の隣に置かれた箪笥

小上がりやデッキでも使える火鉢

和灯(わあかり)

灯明皿に油を注ぎ、イグサの芯を抜いて作られた「切り灯心」をのせ、「掻き立て」という灯心を押さえて明かりの調節につかうものをのせ、灯心に火をつけます。暗闇の中でこの明かりだけともすのも風情があって、落ち着きそうです。

一年を経た青葉町の家の暮らしや、お庭を見学していただく、あいらぼのイベントを、Wさまにご協力をお願いして5月に計画中です。
また詳細が決まりしだい、お知らせしたいと思います。



一年点検の後は、孤独のグルメでも放映された清瀬の「みゆき食堂」に連れて行っていただきました。

まだシラフだったので、無事入店。

初めてのみゆき食堂、Wさまご夫妻に、誕生日を祝っていただいたり、、とってもおもしろかったです。5月もよろしくお願いします。



小田原文化財団 江之浦測候所へ

コメント

にしお設計室の西尾です。

新年度に向け、新たなメンバーが加わったことと共に 西尾がトップバッターを引き受けることとなりました。
3月からは、前半は 自由な投稿、後半は テーマに沿って 印象に残った一枚(以上)の画像を投稿していきます。
他、メンバーからのイベントなどの告知は自由に投稿されます。

みなさん、よろしくお願いいたします。

しばらくブログが、滞った時期に。。昨年は、2回勉強会と称しメンバーで出かけました。
その記録をアップしていなかったので、代表してアップしてゆきたいと思います。

6月11日(月)あいにくのお天気でしたが、小田原文化財団 江之浦測候所を見学してきました。
だだーーっと画像をアップ。
私は純粋に、自然と大きな彫刻の融合を切り取るように、シャッターを切っていました。