飯能・お散歩マーケット

コメント

西尾です。
ゴールデンウィーク後半の5月4日…
所沢から電車とバスを乗り継いで約1時間。
飯能からバスで40分弱のところにある、黒指・細田の集落で開催された「お散歩マーケット」に行ってきました。

山間の20軒程度しかない集落に、臨時バスが何台も走っており、相当の観光客が訪れていたのではないでしょうか?


参加者はスタンプラリー形式で集落の各家を回り、各家では、手づくりの総菜や品物を用意して我々を迎えてくださいます。




各家の縁側や庭を開放して、参加者は、そこで思い思いにくつろぎ、山村の環境を楽しみます。オープンガーデンともオープンハウスとも違う、オープンライフとでも言う感じでしょうか?この山間での集落の生活や環境をありのままに体験することができ、そんなイベントで とても有意義な時間を過ごせました。

こちらが、配られた地図です。 左上には・・・
『 エコツーリズムとは、地域の自然や歴史、文化、くらしを体験しながら楽しく学び、それらの保全にも役立てよう という 新しい旅のかたちです。 お散歩マーケットは、エコツーリズムの考えに基づいています。 』
・・・と書かれています。

一部をスキャンしたもの。
太い黒い実線の部分が車道で、黒指地区に位置するBの案内受付所から坂を上り、途中から人が1人ずつすれ違えるほどの道になります。主要な通路は舗装されていたのでまだ歩きやすかったですが。
とにかく、歩いていると高さの変化があり目に飛び込むのは、本当に美しい風景。
でも…ということは要するに奥の民家には車が横付けできない・・・たとえば高齢になって足腰が弱れば生活ができなくなり、そうなれば、集落はどんどん寂れてゆくのが安易に想像がつくのですが、ここはそんな事情で引っ越してもその空家に入る人がいる。。。木彫作家とか、織物の作家とか、かやぶきの広い民家を思い思いに手を入れて暮らしています・・・インフラが整っていなければ当然家を建てるのも大変なわけで、蔵や民家を修繕しながら使っています。実際、蔵などもとてもきれいに手直しされていました。
(黒指地区から林道を抜け細田地区に入る、そちらは車道がすぐ近くまで来ているので、救急時なども安心な地区です。)
そんな暮らしが、人々の共感を呼び そとからやってきた人間にとってはいきいきと映る。
「暮らしていて不便なことはたくさんあるけれど、それ以上にここでしか味わえない暮らしの愉しみがある」
集落活性化のよい例だなぁと思った一日でした。

選択的除草のススメ

コメント

西尾です。
ゴールデンウィークに突入しましたが、皆さんどこかへお出かけの予定はありますか?
私は、特に所沢に来てからは、どこも人で一杯なこともあり そのほとんどを庭仕事に費やします。
この時期は、見ているだけで緑が気持ちよく、陽気もいいし、蚊もまだいないので いくら時間があっても足りないくらい作業に没頭します。
さて・・・
「お庭は欲しいけれど雑草が生えるのが・・・」
とか
「雑草が生えないように 砂利を敷くかコンクリートを打ってください。」
というご要望をきくことがあります。
コンクリートは、夏の太陽が当たると蓄熱され、それこそずっとエアコンをつけっぱなしで過ごすことになります。
こんなわたしも「草取り」という黙々とした作業があまり好きではありません。
なんとか草取りという作業をさぼる方法をずっと模索していました。
草というのは、草取りをしたことによって土の中に眠っている限りない「種」に光を当て発芽を促すことになります。
なので「取っても取っても草が生えてくる。」ということになるわけです。
要は、土の中に眠っている「種」に光を遮断して目覚めさせなければよい。
あくまで、見た目の悪い「防草シート」やあまり体に良いとは言えない
「除草剤」という考え方はしないで・・・

たとえば・・・
最初は土が剥き出しだった場所、笹やいろいろな雑草が生えていました。
そこに、野草の「カキドオシ」という草を移植。

一年後・・・
統一された草で覆われいろいろな草が生えにくく、また 小さな雑草はその中に隠れて見た目、汚い印象がなくなりました。
ときどき、大きくなって幅をきかすような雑草を抜く程度になりました。
そうなると・・・ぐーんと庭づくりが楽しくなってきませんか?
野草や雑草を観察すると、とってもかわいいものや、美しい葉っぱの形をしたものがたくさんあります。
そういった草たちを自分の目線でひいきして残し、残した緑で覆い他のやっかいな草を発芽させにくくするのです。
あまり高くならず、地を這ってゆく植物が理想です。それを「グラウンドカバー」といい、言葉通り地面をカバーしてくれる植物です。
また、そういった方法を「選択的除草」といっています。
それは人それぞれの「選択」によって違います。
わたしの選択的除草は、種が風に飛んでゆくものタンポポの仲間やアザミの仲間…外来植物などです。
根の残る多年草は根こそぎ。種で増えるものは種ができる前に・・・
春は可愛いけど夏になるとモンスターのようになる草も春だけ楽しんで種ができる前に抜きます。
例をいくつか・・・

ホトケノザ ピンクのジュータンのように広がります。

ヘビイチゴ、黄緑色の葉っぱも黄色い花も赤い実も美しい植物です。

タツナミソウ…シダも涼しげに風に揺れます。

オオバギボウシ 大きな葉っぱで地面をカバーしてくれます。

コバンソウ
小判のような穂が風に揺れてかわいいです。

ノガリヤス
野草のグラス類は、本当に美しいものが多く秋に趣きある庭を作ってくれます。

まずは、野草や雑草を知ることで、ひいきの草を増やすと良いかなと思います。
わたしの愛読書。
もっと詳しく選択的除草に関して知りたい方は… 
Biotope Garden / ビオトープガーデン
『選択的除草、Ecoひいきな庭造り』 の記事を参照ください。
とってもわかりやすく おもしろくまとめてあります。
5月に暮らしの学校を担当させていただきます。
そのなかで庭づくりについてのこんなお話も庭の植物を例にさせていただこうかと思っています。

まちの通りで、パーティーしようよ!

コメント

西尾です。
今日は、先月の終わりに自分のブログにアップした記事を編集して紹介しようと思います。
IKEA立川 が4月10日OPENしました…みなさん、もう行かれましたか?
わたしはほとぼりが冷めたころ。。。(ずっと先?(^^;)行ってみたいなと思っています。
OPENしてからは、流れなくなってしまいましたがOPEN前、TVでよく流れていたCMがとってもすてきでした!

程よい距離の保たれた住宅街の通りに、各家から持ち寄られた椅子やテーブル…明るいテーブルクロスをかけたらそこは一気にパーティー会場に!お料理を並べ…さぁみんなで乾杯♪   
そして、 さぁ、家が楽しくなるぞ。 と最後に。
そんな映像を見ているだけでわくわくしてきます。
通りにパーティー会場を作ってしまうのだから、まちの住民みんなが参加しないとできませんよね、
こんな演出ができるまち、こんなコミュニティが育めるまち…なんてすてきなんだろうって。
あいらぼのメンバーでつくった「まち」も、こんなまちになってくれたらいいな…と わくわくしてしまいます。

『雑木の庭&家づくり』

コメント

西尾です。 お知らせがあり、投稿します。
「雑木の庭」をテーマとした『 The 雑木ガーデン 雑木の庭&家づくり 』という本に、掲載していただきました。


成美堂出版から、発売中です。 こちら 
付録の花図鑑にも、取材時の草花を載せていただいています。
昨年5月に取材していただき、じっくり丁寧に編集され、多くの事例が掲載されていて、
これからお庭づくりをする方をはじめ、大変参考になる一冊に完成しております。
目次からちらっと様子を・・・
Ⅰ 雑木の中で暮らす
Ⅱ 暮らし方から考える家と庭づくり

建築家の田中敏溥さん、加藤武志さんが設計した家をはじめ、暮らしと家と庭の程よくつながった家々の事例が紹介されています。
Ⅲ 緑の中で憩う カフェとグリーンショップ
Ⅳ さまざまな条件を生かした庭づくり
この項で傾斜の土地を生かした事例として我家を載せていただいています。
Ⅴ 植物好きの家と庭めぐり
よろしかったらお手に取ってみてくだされば幸いです。

ニシトコ まち歩き

コメント

西尾です。
やっと春の陽気になってまいりました、この3連休いかがお過ごしでしたか?
わたしは、今年の大雪で延び延びになっていた庭仕事にいそしんでおりました。
枯れたもの、落ち葉をせっせと片付け やーーっと春の庭になりました。
そんな作業だけで終ってしまうのも淋しいので、近くですが 春を拾いながらまち歩きに出かけました。
午前中体を動かし、外食がてら。。。といった感じで もちろんまち歩きには「食べること」は重要!(^^;
この3連休「ニシトコにしとこう!」(すばらしいゴロあわせ(^^)のイベントをやっていたので、久しぶりに「西所沢ソーラータウン」へ向かって歩きだしました。

8年前に出来たソーラータウン、緑がすっかりなじんで優しくまちを家々を包んでいます。

コブシの花が咲き始めていました。



ピザ釜を設置してあり、ピザを焼いてくださいました。

空の下でまさに外食。
おいしかったです!

道沿いで見つけた…
サンシュユ

まだ梅も咲いて…

桜はもうすぐ!
緑のまぶしいシーズンがいよいよ到来です!
おまけ…
お蕎麦大好き人間ため、蕎麦を求めてよく歩きます。
この日も、西所沢駅の商店街にある手打ちそば「久呂無木(くろむぎ)」と言うお店へ

おいしかったーー結構、そば通の人には有名店、オススメです。

こんな寒い日には…

コメント

西尾です。
今シーズンから使い始めた 石油ストーブ Aladdin このストーブに合う やかんを探していました。

ネットで探して入手したのは…Kaico カイコのケトル
小泉誠さんデザイン
ずっと目にしているモノなので、思い切って 「ポチ」

湯気が立ち上るさまや、
カンカンと沸騰の音…
今日みたく一日どんよりな寒い日には、なんだかほっとしますよね。

只今、芋焼酎お湯割り…を堪能中(^^;
この焼酎、九州人ご用達!安いのに美味いのだ。
(お湯割りは、先にお湯を入れてから焼酎ですよ!これ、基本!)

「建築的女子会」思いのほか、盛況!

コメント

西尾です。
9月28日に行われたイベント「建築的女子会」の報告をしておきます。 画像は、平間さん撮影(一部、西尾のものあり。。。)


テーブルコーディネートもメンバー4人で考えました。

花のしつらえも庭にある草花で。。。

グラスのお水にもレモンを添えて。。。

おしぼりも。。。

さぁ、お客さまがおいでになるのを待つのみ。

最初は、庭のミント、レモングラスを摘んで、ハーブティーと・・・


自家製いちじくのコンポート、アイスクリーム添え。

次は紅茶に、スコーンと平間さんが設計したパン屋さんのパンを。。。
…これ絶品!
それに自家製の、ネーブルオレンジ ジャム、相羽家のジューンベリー ジャム、ドライフルーツの入ったクリームチーズ…を添えました。





みなさん、それを堪能していただきつつ、4人のスライドを集中して聞いてくださいました。
そのあと、予定時間を大きく超え…まさに「女子会」となりました。
おいでいただいたみなさま、楽しい時間をありがとございました!

陸前高田フラワーロード花植えツアー

コメント

西尾です、3回目の投稿となります。
今月最初の週末、「陸前高田フラワーロード花植えツアー」に参加してきました、その様子を報告します。
ちょっと長いですがよかったらお付き合いください。

車の行き来の激しい道路沿いに地元のおばちゃんたちと夏から秋に向けての苗を植えこみました。 農業に携わってきたおばちゃんたちさすが手早く植え込んでゆきます。
私の作業では恥ずかしくって手伝いに来たなんて言えるものではありません。

休憩中の参加メンバーと地元のおばちゃんたち・・・

震災から2年が過ぎて、植物の生長に触れることを通して やっと前へ踏み出し始めているているように感じました。
津波でねじり切れた外灯の跡にも、花が植えられていましたよ。

防潮堤の工事も急ピッチで進められているようでした。
毎日、海の変化を見ながら暮らしているからこそ何かあった時に出来る判断も、防潮堤で海が見えなくなってしまうことが果たして安全と言えるのかどうか。。。
そんな話も聞きました。

山の上まで造成が進んでいます。

この町だけでも相当数のユンボが集まっているんでしょうね。
午後も復興ガーデンを訪れ作業をしたりと、ハードスケジュールでした。
その途中、震災後作られたコミュニティ・カフェ 「りくカフェ」に寄りました。

 ” 医療と商店がなければ人は離れていく”
そんな思いから、医院保有の高台の土地に医院と歯医者さん、薬局が震災直後に仮設で開業、その敷地の一角に「みんなが気軽に立ち寄れるリビングのような場所」を目指してつくられたコミュニティカフェが「りくカフェ」です。
市民の力で立ち上がった「陸前高田まちのリビングプロジェクト」の一環です。
この「りくカフェ」も仮設店舗で営業をしながら徐々にそれらの施設とともに本設に移行してゆく計画。
設計は東京大学の成瀬助教授、住友林業の協力のもと建てられました。
りくカフェに、関する記事のほんの一部 ↓
東北電力のサイト
jiku powered by AXIS Magazine のサイト
アーカイブ → 「復興に向かうためのデザイン」 → 第3回 陸前高田まちのリビングプロジェクト「りくカフェ」 で検索 

内部 訪れた方々の書き込みが。。。

施設やカフェで囲まれた中庭の花壇。
地元の方たちと共に手がけているのは、千葉大学の園芸学部の学生さんたちです。
何度も足を運んでコミュニケーションを築きつつ…出来上がった花壇です。
震災前とは いろいろなものごとが欠けてしまっている そんな現実を受けとめながらも・・・
黙々と植物に向き合って花や緑の変化してゆく様子を力に歩き始めている・・・そんな陸前高田の人々に静かに感動しつつ。。。
あっという間の2日間でした。
詳しい記事を3回に分けて「雑木林の家から-nishio」で綴っています。
2013.07.28. 「陸前高田フラワーロード」
2013.07.29. 「りくカフェ」
2013.07.30. 「復興ガーデン」

松山へ行ってまいりました。

コメント

西尾です。更新が遅くなりました。
「あいらぼ」として行われるプロジェクト…5月15.16日に、M建設 分譲地プロジェクトの打ち合わせと現調を行うため、迎川さん、市川さん、と共に 松山へ行ってまいりました。
半分は、遊び気分でいたのですが…初日も遅くまで…次の日もお昼すぎまでミーティングが詰まっておりました。
その内容から、我々への期待は、ひしひしと伝わって…。
当初の区画からの変更や、駐車場2台必須、思いのほか高い土地価格、30坪以上はないと売れない地域事情 などなど…そんな情報にちょっと、思考が止まってしまっていました。
とはいえ、M建設さんとともに訪れた地元のお料理に舌鼓をうちつつ…ちょこっと観光もしてまいりました。

ホテルから見渡せた松山城。

道後温泉にも入ってきましたよ♪
「こりゃ、大変だ、、、」などと思いながら湯船につかっておりました、女は私一人だったので、時間を気にして早々に出て いったんは着替えを始めたところに…地元のおばちゃんが話しかけてきました。「ちゃんと、源泉に当たったか?」と…私に尋ね、、、「いいえ」と正直に答えたら、「そらもったいない、もう一度源泉に当たってこなきゃ」と半ば強制的にお風呂場に戻って…おばちゃんのレクチャー通り、膝やら肩に源泉を当ててまいりました。(^^;
良く考えたら、M建設さんのみなさま以外で、初めて地元の方とまともな会話をしたのがそのおばちゃんでした。
そこでおもいました…こんな気さくな松山の人たちです、きっと今回携わる分譲地も人や緑が繋がった良いまちになるのではと…。
とにかく、みんなと思いをひとつにして良いものにしようと思っております。


乞うご期待♪ (と、言っておこう…)

緑の気持ち良ーい季節ですね。西尾です。

コメント

こちらのブログでは、はじめまして。。。西尾と申します。
桜も終わりを告げ(あ、八重桜がまだですね)新緑がまぶしい…
気持ち良い季節です。
自宅のある所沢で、むくむくした緑を横目に
「仕事なんてやってられないよーー」
とかいいながら、仕事をしぶしぶ しております(^^;

所沢に家を建て、ここに移り住んで6年の月日が経ちました。
それまで、草花などマンションのベランダで鉢植えくらいしかしたことがなかった私なのに、周囲の緑に心動かされて 庭づくりにどっぷりはまり、今ではすっかり自分の仕事が建築なんだか園芸なんだかわからなくなっています。
ある意味、環境を壊してしまう家なんかを造りつつ…その埋め合わせのように、少しでも人々の暮らしに緑を引き寄せ、繋がってゆく…そんな活動を最近、地域の人たちと一緒に始めています。


こうして大きな木に抱かれて暮らしていると、なんか家なんてとりあえずあればなんだって良くって、それより家を覆う木々の偉大さに
「マイッタ」と屈してしまいます。
ちょっとそんな大胆なことを言いながら、自然に対して謙虚に暮らしと緑を繋げられるような家をつくってゆきたいと常日頃から思うのです。