blog

大麦から麦茶を作る!

コメント

こんにちは。にしお設計室 西尾です。
橋垣さんが報告をしてくださいましたが、先日我々あいらぼは今年も相羽建設さんの「手しごとフェスタ」に参加いたしました。
独創的ないろいろなアイディアが飛び出しとっても楽しかったです。

さて、7月後半のテーマはそれに便乗して「わたしの手しごと」です。
「手しごと」からイメージできる、クラフト以外のモノでも!自家製の食や野菜…などなど自慢の「手しごと」を紹介してもらいましょう。

麦茶の季節ですね~
国立にある障害者施設 滝乃川学園で毎月ガーデンや畑のお手入れをしています。
大麦を育てて、脱穀して、炒る。。という手間ひまをかけて麦茶を作りました。
もう、パックの麦茶とは別物の美味しさでしたよ。
昭和の味がしました(笑)

詳しくブログで綴っています。 コチラ

手しごとフェスタ2019 開催しました

コメント

いろは設計室の橋垣史子です。

相羽建設さんの「手しごとフェスタ」にあいらぼとして今年も参加させていただきました。家づくりに使っている木を使って家具や小物などをつくる毎年恒例の夏のイベントです。

私たちあいらぼは木のキーラック「木っかけ・ひっかけ」をつくりました。午前中からはじまり、7、8組ずつの方で計3回行いたくさんの方にご参加いただきました。

台になる板もパーツも、サイズや樹種がいろいろある中から自由に選んでもらい、自分でデザインしたキーラックをつくります。

あいらぼメンバーは作り方をアドバイスしたり、一緒につくったりとこちらもとても楽しませていただきました。

 

思ってもいなかったアイディアいっぱいで、それぞれとても素敵な作品ができあがりました!

ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました!

崇福寺

コメント

こんにちは、徳田英和設計事務所・徳田です。

少し前になりますが、2回目の長崎出張の際、現地の工務店スタッフからおすすめの建築ということで、崇福寺(そうふくじ)を見学。
なんの予備知識もなく、小雨が降りしきるなかふらっと訪れたのですが、いい建築だった。

あとで調べると、興福寺・福済寺とともに長崎三福寺に数えられる唐寺で、第一峰門と大雄宝殿が国宝とのこと。
長崎らしい段々の敷地に、ぎゅっと寄せ合って建物が建ち、その間の列柱がならぶ半屋外空間や、建物と建物の間から見える森や街並みがちらっと見えるのがすばらしい。
観光客も少なくて、静かにひっそりといい時間が過ごせました。

徳田英和
hidekazu.tokuda@gmail.com
徳田英和設計事務所
171-0031東京都豊島区目白3-8-6吉村ギャラリー2F
TEL 03-3954-6161
toku’s LIFE GOES ON
読んで楽しい家づくりの なるほどディテール。
(島田貴史・徳田英和共著 オーム社)発売中!!

本日7/13開催!手しごとフェスタ

コメント

ますきです、おはようございます。

いよいよ本日7/13、「手しごとフェスタ」 が開催されます!

「わたし達が家づくりで使っている『木』という素材の魅力や『手仕事』の楽しさを知ってもらいたい!」
――そんな想いからはじまった「手しごとフェスタ」。
今年も家族で楽しめる木の道具や木の小物などのモノづくり体験を楽しめます。
大工さんがつくった屋台や無人販売所も会場に並び、ワクワクドキドキ、手しごとを楽しむ夏のお祭りがはじまります!

手しごとフェスタ詳細(相羽建設ホームページ)へ

椅子や小物づくり等の多くのワークショップ(事前予約)が行われる中、
あいらぼブースでは、木のキーラック「木っかけ・ひっかけ」づくりを体験できます。

木っかけ・ひっかけ詳細(あいらぼブログ6/29)へ

予約なしで楽しめる屋台では、カレー、コーヒー、スムージー、駄菓子・・・
他にも一杯、何を食べようか迷います!

皆さま、一緒に楽しみましょう!

創造力の充電!

コメント

以前から行きたかった
展覧会に行きました。

1つめが乃木坂のギャラリー間で開催中の
「中山英之展 ,and then」
ギャラー間はTOTOが運営する建築専門のギャラリーです。

中山さんは、非常にコンセプチュアルで挑戦的な建築をつくっている建築家です。
家の中に道が通っていたり、廊下みたいな細長い家だったり
「どうやって住むんだろう?」と思わせる家たち・・・。


最初のフロアでは、中山さんの手書きの解説文や
試行錯誤の過程が模型などで展示されています。


アイデアの出発点から、
建築として構築していく様子を見ることができる
とても魅力的な展示です。

そして2つめのフロアでは、
中山さんが設計した建物で、
実際どのような暮らしが営まれているのかを
垣間見ることができる映像が上映されています。

それぞれ別々の監督さんが6つの映像作品を撮っています。
暮らしそのままを、飾らず気取らず追いかけたものや、
その建物構成がわかりやすいように
カメラの配置や撮影方法を工夫された作品があり
こちらもとっても面白いです。

中山さんの住宅は、
住む人たちの日常を含めての表現作品なのだと感じました。

もう一つは森美術館で開催中の
「塩田千春展 魂がふるえる」



塩田さんは現代美術のアーティストです。

写真でもわかるように、作品の中を通り抜けられます。
現代美術を語ることは私にはできないのですが、
圧巻の迫力でした。

解説パネルで気になった一文が・・・

居住空間は第三の皮膚だそうです。

刺激的な展覧会で
創造力の充電ができたかな?!

 

梅雨明け前までに!

コメント

こんにちは。にしお設計室の西尾です。
梅雨真っ盛り。。本当によく降りますねぇ、、、
毎日天気予報をにらみながら、現場の日程や洗濯できる日を思案しています。

街やご近所のお庭の あちこちでアジサイが生き生き。。
我家にもいくつかアジサイがあります。

我家の庭の木々もこの雨で本当によく伸び繁ってしまっています。
現場優先で、後まわし状態の我家の木々の剪定も梅雨明け前に何とかしたいのですが・・・。

今、常緑ヤマボウシの花が真っ盛り。
これも花が終わったら、がっつり剪定です。

2階の窓まで届いてしまいました。

剪定の練習をしたい!という方 緩募!(笑)

手しごとフェスタ2019

コメント


こんにちは。スモールスペースの平間です。
梅雨らしいお天気が続いていますね。現場は段取りに苦労する季節です。
さて今年も、相羽建設さんの夏のイベント「手しごとフェスタ」に
あいらぼとしてブースをお借りして参加させていただくことになりました。
主に木を使い、手を動かしてものをつくるお祭りです。
今年のあいらぼブースでは木のキーラック「木っかけ・ひっかけ」をつくります。
(去年の手しごとフェスタの様子  )

材料は、相羽建設さんの加工場や、家具工房などで分けていただいた
木端(切れ端)などが中心です。先日、材料をカットしたり
試作品をつくったり、みんなで集まって準備をしました。
いろいろな種類、大きさの板を縦に使ったり横に使ったり
そこにパーツを選んで貼っていきます。下準備でまた出た木端が
意外な便利パーツになったりして、とても面白いものができそうです。
作業に入る前にスケッチをしてプランを練ってもらうのですが、
子供たちはいつもこちらの想像を超えるものをつくりだしてくれるので
今年もとても楽しみ!是非ご参加ください。

日付:7月13日(土)
【開始時間】
10:00-12:00(事前予約8名)
13:00-15:00(事前予約8名)
15:00-17:00(事前予約8名)

参加費:500円

会場:相羽ワークス…東京都東村山市青葉町1-25-14
駐車場あり / 雨天決行

※6月18日(火)10:00より受付スタート!
※事前申込は電話予約のみの受付となります。
(混乱を避けるため、お問合せフォームやメールでのお申し込みは
お受けしておりませんので予めご了承ください)

★お申込み電話番号 (フリーダイヤル)0120-145-333
詳細はこちら  

 

frasco glass(フラスコガラス)

コメント

こんにちは、徳田英和設計事務所・徳田です。

テーマが「おすすめの家具・照明」ということで、芦屋のflameのことを書こうと思っていたら、島田さんに先を越されてしまったのですが、お店の紹介でしたので私は具体的に使用した事例を紹介したいと思います。



富水の家リノベーション
設計:徳田英和設計事務所
施工:デライトフル
写真:安川千秋

ダイニングのペンダント照明にfrasco glass(フラスコガラス) を使用しています。
理科の実験に使う三角フラスコをモチーフとしたシンプルなデザインは、余計な主張をすることなく、飽きのこない長く使い続けられるもので、私のなかで定番になっています。
また、上部に付いている滑車はオプションのpulley(プーリー)で、照明の高さを自由に変えられる昇降器具です。

徳田英和
hidekazu.tokuda@gmail.com
徳田英和設計事務所
171-0031東京都豊島区目白3-8-6吉村ギャラリー2F
TEL 03-3954-6161
toku’s LIFE GOES ON

読んで楽しい家づくりの なるほどディテール。
(島田貴史・徳田英和共著 オーム社)発売中!!

お気に入りの座椅子

コメント

こんにちは、ますきです。
先日、ガラス作家の大谷佳子さんのワークショップに参加し、ガラスタイルの型を作りました。
タイルは今、窯で焼かれているので、家で楽しみに待ってます。

待っている間、我が家でお供してくれる座椅子を紹介します。


Tenon LT-chair

小指でひょいと持ち上げられるので持ち運びが簡単、しかも安定感があります。

窓辺でのお茶、濡縁での夕涼み、夜の読書など、
いつでも、どこでも、お供してくれます。

作家は迎山直樹さん。
NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」でも紹介された方です。
JR九州「ななつ星」、伊豆急行「ザ ロイヤルエクスプレス」の椅子も
迎山さんの作品だそうです。

ななつ星の椅子も座り心地が良さそうですね

flameの照明

コメント

最近建て主さんにお勧めしている照明の一つに
flameという照明屋さんがあります。

春に兵庫県芦屋市にあるショールームを訪れたので紹介します。

エントランスは、こんな雰囲気のある佇まいです。


どこかヨーロッパの田舎町にありそうなお家。
壁だけでなく屋根も板で葺いています。


中の雰囲気も素敵です。


静謐ななかにも温かみがある空間で、
てっきりリノベーションかと思いましたが、
新築で建てたものだそうで、まだ10年足らずとのことでした。


ホームページではなかなかわからない光の雰囲気や
下からみた感じ、
ボリューム感など確認しました。


やはり実物に触れるのが一番いいですね!